カテゴリー

日本の母の日

人気のお店

家族で楽しむ母の日

予算の平均

お母さんと一緒に旅行

海外の母の日

手作りプレゼントを贈ろう

人気の母の日プレゼント

働くお母さんへ

お母さんが喜ぶプレゼント

感謝の気持ちを伝えたい

感謝を贈ろう母の日

一緒に過ごす母の日

いつも元気で居てほしい

欲しいものを聞きたい

いつも綺麗でいて欲しい

プレゼントの通販

お母さんとの思い出話

母の日の思い出

気持ちの伝え方

母の日イベント

母の日用ラッピング

母の日限定のサービス

なぜカーネーション?

癒しの温泉旅行を贈ろう

美味しい料理で労おう!

親子で楽しむ旅行

貰って嬉しいもの

贈られたいプレゼント

選べるギフトを贈ろう

  • 母の日の思い出
  • 「母の日」に贈る花は多種多様になってきている

    自分は花の卸売の仕事に従事している。
    仕事を始めたころはバブル景気のころで生花が飛ぶように売れていた。
    何でも良く売れた時代であった。
    需要もたくさんあったし、各種イベントや店内やホールなどを飾りつけるのが当たり前で華やかな時代であった。
    このころから「母の日」に贈る花の種類は増えてきたように思える。
    ゴージャスな物からかわいいアレンジメントなど、宅配便でも送れるようになってきてカーネーションの鉢や胡蝶蘭の鉢まで飛ぶように売れていた。
    みんな「母の日」のイベントに気安く参加できていた時代であったと思います。
    まだこのころはインターネットの通信販売はなくて、デパートや小売店などでも「母の日」の売り出しがあり、プレゼントのラッピングやメッセージカードなどのサービスがあったりしたし、商品の数もものすごく見て歩くだけでも楽しめました。
    このような勢いはバブル後なくなってきたように思えます。
    だんだんと財布のひもが固くなりあまり盛大なイベントにはならなくなってきました。
    とにかくカーネーションを贈っていた時代は終わり、喜びそうな贈り物を選ぶようになってきていると思います。
    このころは配送のトラブルも多かったのでした。
    宅配された品物が悪かったとかの苦情もおおく、定番のカーネーションの鉢植えに客離れが出たこともあります。
    その後宅配の環境も良くなってきましたが、「母の日」の贈り物には変化が出てきたように感じています。
    最近はインターネット通販でいろいろな商品を勧めてきます。
    スイーツだったりグルメだったりと、定番は花ではなくなってきました。
    最近はカーネーション以外にも花の品種が増えてきています。
    20数年前とは比べ物にならない程の量です。
    この中から選べるのですからぜひ花を贈って欲しいと思っています。
    カーネーションも毎年新しい品種が市場に出てきます。
    手ごろな金額の物から、高価なものまで予算からも選べるようになりました。
    しかし市場には活気がありません。
    イベント組んでもなかなか売れなくなってきています。
    飾るものより食べるものみたいな風潮もあるように思えます。
    さびしく感じますが葬儀などにもこのような流れです。
    品種改良などでこんなにもたくさんの種類ができ、鮮度も良くなってきているのに使ってもらえない現状にさみしさを感じています。
    鮮度の保持なども品種の改良や輸送の工夫、後処理などで鮮度も随分良くなってきています。
    今なら宅配で送っても良い状態で相手に届き、喜んでもらえる環境になってきたのに消費が増えない。
    みなさん自宅に飾らなくなってきたのでしょうか。
    固定客はいるけど新規のお客がつきにく状況になっています。
    「母の日」の始まりはカーネーションを贈るという物でしたが、現在はイベントに参加して何かプレゼントを贈って喜んでもらおうというのが主流なのでしょう。
    それでも良いことだと思います。
    こういう日がないとなかなか母親に感謝の気持ちを伝えることなどできませんからイベントとしてはずっと続いて欲しい行事です。
    喜んでもらえれば品物を贈らなくても手紙でも言葉でも行動でもよいのだと思います。
    「母の日」とはそういう気持ちを持たせてもらえる日だと感じてします。