カテゴリー

日本の母の日

人気のお店

家族で楽しむ母の日

予算の平均

お母さんと一緒に旅行

海外の母の日

手作りプレゼントを贈ろう

人気の母の日プレゼント

働くお母さんへ

お母さんが喜ぶプレゼント

感謝の気持ちを伝えたい

感謝を贈ろう母の日

一緒に過ごす母の日

いつも元気で居てほしい

欲しいものを聞きたい

いつも綺麗でいて欲しい

プレゼントの通販

お母さんとの思い出話

母の日の思い出

気持ちの伝え方

母の日イベント

母の日用ラッピング

母の日限定のサービス

なぜカーネーション?

癒しの温泉旅行を贈ろう

美味しい料理で労おう!

親子で楽しむ旅行

貰って嬉しいもの

贈られたいプレゼント

選べるギフトを贈ろう

  • 母の日の思い出
  • 母の日に最適なプレゼントを贈る

    5月の第2日曜日は母の日です。
    毎年母の日にはプレゼントに何を贈ろうか、とても迷ってしまいます。
    小学生の頃は学校で手紙や手作りのカードを作る時間があったので、作った物をプレゼントとして贈っていました。
    それから15年以上経って引っ越しをすることになり家中の片付けをしている時に、小学生の時に母の日にプレゼントとして贈ったそれらの手紙やカードが出てきた時はビックリしたのと同時に、こんなものまで大事にとっておいてくれたんだなあと何だか嬉しく思ったものです。
    小学校の高学年になると、貯めたお小遣いで定番ですがカーネーションをプレゼントとして贈っていました。
    今思うと、母はそんなに花が好きではないので的外れなプレゼントを贈っていたなあと思います。
    それでも、当時の母は喜んでくれていました。
    子供の頃は、母が何を欲しがっているのかなんて考えずにプレゼントを贈っていました。
    中学生になると弟や妹とお小遣いを合わせて、髪の毛の長かった母に髪留めを贈るようになりました。
    子供3人で選ぶプレゼントなのでセンスが良かったかどうかはよくわかりませんが、とりあえず母が『ありがとう』と喜んでくれていたことに対して私たちは満足していました。
    高校生になった時には初めてアルバイトをするようになり、母の日のプレゼントはそれまでの物より少し高価なアクセサリーや腕時計等を贈れるようになりました。
    やっと、母の日のプレゼントとしてふさわしい物を贈れるようになりました。
    それでも毎年やってくる母の日のプレゼントに、何を贈ればいいのかとても悩んでいました。
    そして私は考えました。
    せっかくプレゼントするものだから、やっぱり喜んでもらいたいのです。
    そこで、自分で選ぶのではなく母に選んでもらおうと一緒に買い物へ出かけることにしました。
    私は高校を卒業して働くようになってからは母とは別々に暮らしていたので毎年5月になると母の元へ行き、母が欲しい物を一緒に買いに行きました。
    あまりサプライズの感じはしませんが、母が本当に欲しい物をプレゼントとして贈ることができるので母も私も満足できます。
    ちなみに、誕生日にもこの方法を使っています。
    しかし、ここ数年で『もうそんなに欲しい物は無い』と言われるようになって私も少し困っていましたが、物ではなくて素敵な時間をプレゼントとして贈ろうと考えるようになりました。
    最初のうちは普段行かないような所へ食事に出かけたりしていました。
    それから数年経つと食事だけでは何だか寂しいなあと思うようになり、丸一日使って少し遠出をして食事にプラスアルファしていろいろな所を見てまわるようになりました。
    ちょっとした遠足みたいな感じです。
    母の日をこのように過ごすようになってから、私は初めて母が絵画を好きだということを知りました。
    私の仕事の休みが取れれば1泊で温泉旅行にも行くようになりました。
    母は私たちを育てている間はそんな余裕は無かったと思います。
    ここ数年はいろいろな所へ行き、いろいろなものを観たり聴いたり写真を撮ったりと形ある物としてのプレゼントは贈っていませんが母が若い頃に出来なかったことを、今している感じです。
    次はどこへ行こうかと旅行雑誌を楽しそうに眺めている母を見ていると、こんなプレゼントもいいのかなと思います。