カテゴリー

日本の母の日

人気のお店

家族で楽しむ母の日

予算の平均

お母さんと一緒に旅行

海外の母の日

手作りプレゼントを贈ろう

人気の母の日プレゼント

働くお母さんへ

お母さんが喜ぶプレゼント

感謝の気持ちを伝えたい

感謝を贈ろう母の日

一緒に過ごす母の日

いつも元気で居てほしい

欲しいものを聞きたい

いつも綺麗でいて欲しい

プレゼントの通販

お母さんとの思い出話

母の日の思い出

気持ちの伝え方

母の日イベント

母の日用ラッピング

母の日限定のサービス

なぜカーネーション?

癒しの温泉旅行を贈ろう

美味しい料理で労おう!

親子で楽しむ旅行

貰って嬉しいもの

贈られたいプレゼント

選べるギフトを贈ろう

  • 母の日の思い出
  • 母の日によせて 毎年この日に想うこと

    もうじきまた母の日がめぐってきます。
    私の母は数年前に他界しましたが、数年たった今も…むしろ年月が過ぎたからこそ改めて母の日には感謝を思い出すそんな日でもあります。
    この時期になると、あらゆる店舗であらゆるメデイアで母の日が近い事を知らせる情報が流れるので忘れる事はまずありませんが、これまでは毎年のように母の日には花を宅配便で送っていました。
    直接手渡すのが一番だということはわかっていましたが、仕事の忙しさを理由に段々と簡略化してしまっていました。
    じかに喜ぶ顔が見たい気持ちとは裏腹に、ふだんあまりないであろう突然の贈り物に喜ぶ姿を想像して満足していました。
    子供の頃は、感謝の気持ちは手作りのもので表現していましたが大人になるにつれ、だんだんと服や小物そして母の好物の食べ物に変わり一番喜んでくれた花に変わってゆきました。
    花を植え育てることを楽しみにしていた母には何よりのプレゼントだったようです。
    なかなか会いに行けない代わりに始めたメールで日々の出来事やたわいないやり取りの中で、どのくらい咲いたかまだ花をつけているなど、私が贈った花のその後をあれこれ報告してきてくれる母のメールを見ながら喜んでくれているんだなあ、と嬉しかったことが今は懐かしくもあり、寂しくもあるのが本当の気持ちです。
    毎年この季節が来るたびに、より一層母の事が思いだされてまだまだずっと、この先何年も続いてほしかった母の日。
    まだ送ることが出来る人たちを羨ましく感じます。
    自身の親はいつまでもある、あってくれるもの私もそう思っていました。
    母の母つまり私にとっての祖母にあたる人は、母が幼い時にすでに病で他界してしまっていたので、母にとっては自分自身の母親に感謝を表すことや実感する術もなかっただろうと思います。
    当たり前ですが、私が生まれた時から母は母でありそれ以上でもそれ以下でもなく、いつも変わらず存在していてくれるだからこそその存在に改めて感謝するわけでもなく、ましてや自分の前からいなくなる日がくるなんて事を想像すらしていませんでした。
    母と暮らした実家を離れて、ひとり暮らしを始めてからもいつでも帰れる距離というのが、言い訳になってしまい顔をだす回数も減ってゆき、心配するメールにすら返信を返さないなど寂しい思いをさせていた、親不孝をしてしまっていたと今になって後悔しています。
    いつも思いついたかのように帰ると、よくつばの広い帽子を被り庭の花をいじっていた母の顔を思い出します。
    綺麗に咲いたでしょう、これはね…と花に対してさほど興味もない私に一生懸命話して聞かせる母の顔、今思い返すとあの時の母の気持ちはふだん知らん顔な親不孝な娘よりも手を掛けると掛けただけ応えてくれる花たちが可愛くてしかたないと思っていたのじゃないかと そんな気がします。
    だからかもしれませんが、いま現在も母の写真のそばには仏前用の花ではなく、色鮮やかな花色々な種類の花を織り交ぜて飾っています。
    きっと見てくれているんではないかと信じています。
    もしかしたら、その花にその花は合わないのよ と呆れているかもしれません。
    もっと色々な事教わっておけば良かったと今さら思うのです。